INTERVIEW #03

新しい発見と出会いに
夢が広がる毎日

アシスタントディレクター M.H

マーケティングの面白さを知り、旅行業から広告の世界へ

前職は、旅行会社の営業としてインバウンド事業を担当していました。日本の官公庁を担当したときに企画やマーケティングの面白さを知り、営業よりもむしろマーケティング視点で地方創生やインバウンドに関わりたい、日本のプレゼンスを高められるような情報発信の仕事もしてみたい、と思うように。そんなときにロウプのことを知り、広告コミュニケーションを通して世の中に価値を伝えていくという、広告業界の仕事に興味がわきました。未経験で不安はありましたが、やる気があるならロウプと取引のある広告代理店に常駐して、経験を積んでみてはどうかとお話をいただき、挑戦してみたいと思ったのが入社のきっかけです。

常駐先チームの一員としてプロジェクトを走らせる

私はあくまでロウプの社員ですが、都内の広告代理店に常駐するという働き方です。広告代理店の営業局というところに配属され、食品メーカーのお客様を担当するチームの一員として、営業やディレクターのアシスタント的なポジションを担当しています。常駐先の社員の方々と協力し、一緒にプロジェクトを走らせていくというイメージでしょうか。 これまで携わった仕事の中で印象深いのは、お客様が協賛された、地方でのイルミネーションイベントです。それは地域活性化プロジェクトの一環でもあり、インバウンド事業に関わってきた自分にとって興味深いものでした。旅行業界の経験しかない私には、「クリエイティブ」という切り口で地域の魅力を発信し盛り上げていくという、広告業界ならではのやり方がとても新鮮に映りました。多くのお客様に来場いただき好評を得て、広告コミュニケーションの奥深さ、クリエイティブの力を目の当たりにする体験でした。

入社して毎日が新鮮、出会いと発見の日々

この仕事をしていて楽しいのは、自分が所属するチームにとどまらず、いろいろな人と関わりながら仕事ができるということです。ロウプに入社してもうすぐ1年、毎日が出会いと発見の日々です。広告コミュニケーションに対するお客様の期待は大きいので、悩んだり判断に迷ったりすることは多々あります。そんなときはチームのメンバーや、同じように常駐しているロウプの先輩方に相談にのってもらうようにしています。所属する部署は違いますが、定期的にランチに誘ってくれ話を聞いてくれる。先輩方は経験も豊富でお客様の信頼もあるので、客観的でためになるアドバイスをいただけるのが本当にありがたいです。

世の中にアウトプットする力を身に付けたい

今後の目標は、私なりに「アウトプットする力」を身に付けたいということです。広告代理店に常駐することで、初めてクリエイティブの世界を知り、コピーライターやデザイナー、クリエイティブディレクターといった人たちの仕事の素晴らしさを知りました。戦略に基づいてアイデアを表現し、世の中にアウトプットする、私もそんな力を身に付けたい。今後はもっとマーケティングのことも極めたいし、クリエイティブの世界にも視野を広げていきたい。現在の環境はそうした知見を持った人たちが周囲に豊富にいて、まさに恵まれた環境であると思っています。広告代理店に常駐することで新しい世界を知り、どんどん夢が広がっています。